肩こりに効く貼り薬の特徴

肩こりに効く貼り薬には種類があります。ドラッグストアで販売されていますが、どのような違いがあるのでしょう。特徴を知ることで、あなたの肩こりに合ったタイプのものを選べるようになります。

 

貼り薬の種類

 

貼り薬には以下の種類があります。

 

arrow_red湿布剤

 

厚みがあり、水分を含んでいる貼り薬です。剥がれやすく、白いものが多いです。

 

arrow_redプラスター剤

 

薄いフィルム状の貼り薬です。粘着力が高いので剥がれにくいです。

 

 

湿布剤

湿布剤とは感じの通り、水分を含んだ貼り薬です。パップ剤やハップ剤とも呼ばれます。厚みがあり、貼った時に柔らかい感触があります。昔はとても剥がれやすく、テープ等で固定する必要がありました。最近は粘着力が増し、凹凸の少ない患部の場合は、固定用のテープを使わなくてもいいものが増えています。効果の持続時間は短めで、コリや痛みのある場所に貼付します。冷感・温感とに分かれています。

 

冷感タイプの湿布剤の特徴

貼った時にひんやりするタイプです。冷たさで一時的にコリや痛みの感覚を麻痺させることもあります。その間に薬剤が浸透していき効果を発揮します。突発的な筋肉痛や打撲、捻挫、腰痛に向いています。患部に熱を感じる場合も冷感タイプを使いましょう。

 

温感タイプの湿布剤の特徴

貼った時に温かさを感じる湿布剤です。実際に温かくなるものもありますが、中に入っている成分の効果で温かく感じるものが多いです。肩こりや腰痛など長引いている場合、血行不良を起こしている場合に使用します。

 

冷感タイプと温感タイプの使い分け

大きく分けると、冷感タイプは突発的、急性の症状に使います。温感タイプは、継続的に症状が続いている場合に使います。

 

どちらを使えばいいか分からない場合は、患部をお風呂で温めた時に「楽になるか」「辛く感じるか」で使い分けます。

 

肩こりの場合は、よく血行不良を疑われ、温感タイプを勧められる場合がありますが、お風呂に入って温めると辛く感じる場合もあります。ドクドクと脈打つ感じになり、頭痛に発展する場合もあるので、そういう方は肩こりであっても冷感を選びましょう。

 

貼り薬じゃなくても良ければ、塗り薬の方が楽に選べると思います。

 

プラスター剤の特徴

薄いフィルム状の貼り薬で、剥がれにくい特徴がありますが、湿布剤と比べると割高になります。プラスター剤にも温感・冷感に分かれているものがありますが、選ぶ基準は先述と一緒で構いません。冷感・温感が無表記の場合は、特に温冷を感じることはありません。スースー感を冷たく感じる場合はあります。

 

貼り薬の注意点

 

サリチル酸メチル、チモール、メントール、カンフルなどが含まれている場合、臭いが気になることもあります。臭いを気にされる場合は、パッケージに「無臭(性)」と書かれている薬を選ぶようにすれば、臭いが気になることはほぼありません。

 

貼り薬は長時間貼りっぱなしになっている為、お風呂に入るとしみる場合があります。特に温感タイプの貼り薬を剥がした直後にお風呂に入ると、ピリッとした痛みを強く感じます。これはカプサイシン(唐辛子成分)による影響が大きいです。少なくともお風呂に入る60分以上前に貼り薬を剥がしておきましょう。再度貼る場合は、お風呂から出て最低30分以上経過してからにしましょう。

 

皮膚が弱い方は、貼り薬よりも塗り薬の方が向いていると思います。それでも、医薬品の成分で皮膚が荒れることもあるので、塗り薬でもかぶれるようであれば、内服薬を検討して下さい。

 

肩こりだけではなく、痛みも生じているようでしたら主成分にインドメタシンやジクロフェナクナトリウム、フェルビナクという成分が入っている物を選ぶといいでしょう。痛みを抑える成分です。

 

 

貼り薬まとめ

 

貼り薬の種類についてイメージは掴めましたでしょうか。効き目としては、配合成分にもよりますが、プラスター剤の方が高い傾向にあります。プラスター剤の方が痛み止め成分を使っている薬が多いので、痛みがあり、予算が合うようでしたらプラスター剤を選ぶ方が良いと思います。

 

また、貼り薬といえども、立派な医薬品です。購入前にどんな成分が入っているか見て、今までに副作用が出たことがないか確認しておくことも大事です。

 

次のページ:貼り薬の人気商品

 

関連ページ

貼り薬の人気商品
肩こりに効く貼り薬で市販されている商品をピックアップ。人気のある商品の中身を見てみましょう。